音楽の世界

  • 愛はいきれる
  • なにもいらないほどに
  • ほんとうにほしいもの
  • 愛しさがあふれてる
  • 君とふたり
  • 命のなまえ
  • Beautiful World
  • あらたなる世界
  • セット一覧
  • 制作ストーリーはこちら

本の世界 | ペットロスケアにおすすめ 「あらたなる世界 誰もが未知の中にいる…」

私たちは本当は未知や神秘のなかにいると作者はうったえかける!
『本当は人は死なない 生まれていないのだから…』
愛する人の死、壮絶な哀しみ…病・老い・死は、誰しもにもかならず訪れる直面せざるをえない出来事。生と死に向かい合う人たちに、「死をこえていくちから」を与えられるようにと著者みずからの壮絶な哀しみの体験から生まれた。今、未知のなかに本当はいる・神秘のなかにいるというリアリティーへの気づきが綴られた渾身の一冊。愛しい人をうしなった方や死に直面している方、生き方を模索している方へ、本来の癒しを贈ります。

読者の声

お客様からのお声をご紹介

「胎内記憶」著者、池川クリニック(産婦人科 神奈川)池川 明院長先生より
MARTHさんの今回の本はとてもきれいな画像と、死についての新しい見方の提示がミックスしていてこれに音楽が加わると 今までの常識とちょっと違った新しい世界を提示できるのかな、と思いました。 死産流産を扱っている関係で、出産現場に死を考えるという概念が必要なのですが、 それに対して影響を与えることができるような気がします。 さらには仏教で言うところの「空」の世界まで跳躍して、意識の覚醒を促しているようにも思われます。 まだまだ人間の世界は既成概念に縛られていますので、その殻を破るために一つの提示がなされているように思いました。
カムネット関西 ヒューマニクス研究所 宮崎英二氏より
この本を手にして開いたとき、圧倒的な宇宙の神秘と自然の美が飛び込んできました。 そして何よりも「わたしたちはどこからきて、どこへいくのか」という生命の深淵をやさしく語ってくれていることに感動し、 孔子の「未だ生を知らず、いずくんぞ死を知らん」を思い出しました。経済至上主義文明の中で、今ほど心が大切だといわれる時期はありません。 疲れて病んだ人たちだけでなく、カウンセラーの方や、いま社会の第一線で活躍されている方々にも、ぜひおすすめしたい一冊です。
30代 ヨガ・インストラクター 女性
感動した本はたくさんあるけれど、この本は読んだ後に心が安らぎます。そしてずっと忘れていた事を思い出しました。 私が子供の時、歴史を勉強していて 歴史の年号って人が決めたんだと知り、宇宙から見たらそれってどうなの? 人が決めたんだ、本当は今いつなの?って思った時の事を思い出しました。 テレビのニュースで科学の進歩に浮かれている大人たちを見て どうして、なぜ生まれたのかとか、人が生きる理由とか そういう本当に知りたいことを教えてくれずにそんな発見に浮かれているのか もっと大切なことあるんじゃないかなって子供心に思っていた そんな記憶を思い出させてくれました。 私が子供だった頃 ただありのままを受け止め 大人が教えてくれるこの世でのこの時代の身のこなし方、物の使い方を覚えた。 本当はここはどこで私達は誰なんでしょうね・・・ 魂に問いかけてくるような文章と自然の中に見出せる美しい景色の写真たちにも癒されます。 魂の安らぎをもとめる全ての人にお伝えしたい本です。
共感しました… 83歳 女性
私が子供の頃に考えていたこととまったくおんなじことを書いている、と共感しました。 私はこの本で書かれているようなことを、子供の頃から知っていました。 子供の頃、自分はなぜこの名前で呼ばれ、なんでここにいて、今何をしているのか、考える子供でした。 生きているか、とか、死んでいるのか、死んだらどこへゆくのか、等々。 そのことを考えると泣きたくなってしまい、夕方になると泣き出す子供でした。 なんでそんなことで泣くんだと母親に叱られましたが、それでもこの人は何故私の母と呼ばれているのか、なんでこの人はここにいるのか、と考えていました。小学校3年生の頃、そういう私の考えを作文に書きましたが、そのうち、そんなことを考えてると、気がおかしくなってしまうのではと思い、あまり考えなくなりました。 そして、一般でいう生と死があり、名前があると自分に言い聞かせながら、今日まで生きてきました。 でもこの本を読んだら、著者は私の子どもの頃に疑問に思っていたことと、まったくおんなじことを考えて、 こうして理論的に本にまとめたんだなぁと共感を持ちました。
生きる勇気が湧いてきました。 38歳 主婦
最愛のパートナーを失い人生の生きる意味を見失ってた私が、この書に出会い、本当の生の喜びを知り生きる勇気が湧いてきました。 本来の質を持って生きていきたい・・・・
愛する人が癌になりました。 55歳 経営者 男性
愛する人が癌になりました。 自分にはどうすることもできずに、涙にあけ暮れていました。愛する人と一緒に読み、最期の人生を共に生きることの喜びを知りました。
涙がこみあげてきました。 55歳 会社役員 男性
最初のページから胸がつまり、涙がこみあげてきました。15年前死別した恋人のことを思い出しました。 もう平気になったと思っていましたが、癒されていなかった自分に気づきました。あたたかい気持ちがつづいています。

ペットロスケアにおすすめの本や書籍 購入ページはこちらです

送料について 支払い方法について
電話での注文方法 FAXでの注文はこちら メールお問い合わせ