アルバム誕生のストーリー時を刻む 美しき物語

あるとき旅に出ました。
帰る途中、夜のハイウェイをひとり、走っていた時のことです。
ハードディスクに記憶されている、昔のアルバムが流れてきました…。

それは、私が初めて本質的な詩曲を書き、歌ったアルバムでした…。
もう20年も前のこと。
まず思ったのは「へたな歌だなぁ…」
「せっかくいい楽曲なのに、この歌っている人は、
この詩の内容を体験もしていないし、理解もしていないなぁ…」
そう思ったのです。
それにはいくつか理由があります…。
その最初のアルバムは、仲間や友達のために、
彼らからインタビューをして書かれたものでした。
それから、自分自身がまだ人生経験が薄く、想像で書いている、
というふたつの理由からであったと思います…。
しかし私は聴いていくうちにこの楽曲とその詩の内容に胸打たれてしまったのです…。

今このようなものは、決して書けないなと…
あまりにもそれは原点と純粋さと素直さが描かれていました…。
逆に言えば、今では人生の中でボロボロに傷ついて、粉々になった自我が
つくづく、そうだなと思える詩であったのです…。
そして、不覚にも頬を涙が伝いました…。
何年ぶりのことでしょうか…。
車の中で、気づいたら深く癒やされたのです…。

それゆえに、あの当時の自分が、つくづく歌えなかった理由と、
まったく傷ついていない真っ白な純粋な自分を感じるものでもあったのです…。
そのとき私は、今なら本当にこの詩を理解し、歌える…。
そして、新たにこれは、
今のMARTHが書けるものではない…と感じたのです。
今のMARTHはあらゆる苦しみを越えて美しい未来と宇宙にいる。
この頃のみずからは、大地にいる。
どちらがいいか悪いかではないが、どちらも、愛しいと感じました…。

この人生で、傷つき、疲れ、何が真実か、何が正義か…を求める魂が、
答えを見つけようとするなら、それは今のMARTHだろうし、
ゆっくり眠り、父や母を抱きしめ、安らぐなら、そしてみずからを抱きしめるなら、
あの頃の自分の創る歌だと思いました…。
それゆえに、遥かなる時を越えて、もう一度、美しき真実を
皆様にお届けするために、再度レコーディングを試みた次第です。
このアルバムを心深き方々へお届けできることを大変喜ばしく思います…。

MARTH

追 伸
今回のアルバムは、
みずからのその想いを伝えて、心ある人たちにそれを表現してもらっています。
人生の中で沢山の痛み・悲しみ・恐れ、それを乗り越えてこられた多くの方へ、
それを抱きしめてこられた愛しき方々へ贈るために描かれた、美しき物語なのです…。
特に、これらのアルバムは、
大自然の中にある美しき湖畔でひとり人生を見つめるときにあったらいい…
と思えるような、そんなアルバムに仕上がりました。

遥かなる時をこえて もう一度あなたへ贈る詩シリーズ

Fit Search | 商品検索

Cart | カート確認

MARTH Message Magazine こちらからご覧いただけます

送料について 支払い方法について
電話での注文方法 FAXでの注文はこちら メールお問い合わせ