多くのセラピストに使用されてきた癒しの音楽

世界の著名音楽家も絶賛したクラシックアーティストとして活躍

ヒーリング音楽家として知られるダニエル・コビアルカは、
サンフランシスコ交響楽団で20年以上にわたって首席第2ヴァイオリニストをつとめ、またカリフォルニア大学バークレー校、ミルズカレッジで教鞭をとってきた。父もまた、ストラディヴァリウス・ストリングカルテットのヴァイオリニストという音楽的に恵まれた家庭環境で育ったコビアルカは、幼少時から天才的な才能を発揮し、8歳にて初のコンサートに立った。

19歳にてカーネギーホールで開いたリサイタルは、ニューヨークタイムズ紙で絶賛され、輝かしいソロデビューを飾った。コビアルカはまた、コンサートマスター、ソロイストとして自らが創設したグレイターボストンユースシンフォニーオーケストラで活躍した。

その卓越した技量と音楽性により、レナード・バーンスタインはJ.F.ケネディセンターのオープニングを飾った「MASS マス」の初演でコビアルカをコンサートマスターに抜擢した。
また、長野冬季オリンピックでは、小澤征爾の指名によりオリンピックオーケストラに参加。長年親交のあった武満徹の「遠い呼び声の彼方へ(Far Calls, Coming, far!)」のアメリカ初演では、コビアルカがコンサートマスターをつとめた。

その他、ピュリッツァー賞受賞作曲家チャールズ・ウォリネンなど多くの著名な作曲家がコビアルカに音楽を捧げるなど、クラシック音楽家として頂点をきわめ、マエストロ(巨匠)の仲間入りを果たした。

音楽療法・CAM(補完代替医療)・セラピーに貢献する癒しの音楽

一方、コビアルカは単なる演奏者のみに留まることなく、もうひとつのライフワークとして"音楽による癒し"に着目し、クラシックで得た素養を充分に活かし、ニューエイジ・癒しのための音楽をつくり続けてきた。
自社レーベルから生み出された代表作「星に願いを」はヒーリング音楽の世界的ベストセラーとなった。
音楽をCAM(補完・代替医療)とリンクさせたコビアルカの音楽は、幼少時のトラウマを癒すインナーチャイルドセラピーや、外科手術、出産時、ホスピスでのペインクリニックや瞑想法、ガン療法等に有効な瞑想のBGMとして、ジョン・ブラッドショー、バーニー・シーゲル、ラリー・ドッシー、ジョアン・ボリセンコなど多くの著名な専門医師やセラピスト達に推奨されている。

最近では、自社レーベルから音楽療法のセラピストやヨガ・ティーチャーとのコラボレーションCDをリリースし、また、日本においてはホリスティック医学研究所の国際特別顧問をつとめるなど、広く音楽をヒーリングやウェルネスに活かす様々なプロジェクトのプロデュースにその才能を発揮している。

東洋と西洋の出会い、スピリチュアリティーとプラクティカリティーの融合がもたらす新しい時代の流れの中で今後ますますグローバルでホリスティックな活躍が期待されている。

各界の方々からのメッセージ

「ダニエルコビアルカの音楽は、美とマジックと真髄と癒しに満ちている。私は瞑想とガイドイメジャリーのプロセスを深め、サポートするために、ずっと何千人もの人々に彼の音楽を聴かせてきた。人々はそれを聞いて、神聖な気持ち、ときには祝福されたとよく私に語った。 それは真にこの世界への贈り物だ。」
ニューヨークタイムズ紙ベストセラー 「からだに聞いてこころを調えるだれにでも、今すぐできる瞑想の本」(誠信書房刊)著者
医学者(ガン細胞学)、公認サイコロジスト、ヨガ・瞑想インストラクター 
心と身体の関係性についての権威 ジョアン・ボイセンコ博士 http://www.joanborysenko.com/

「私は何年も前に音楽は癒しであることに気づいた。わたしはコビアルカの音楽が癒しのためにもっとも有効であると認識している。」
医学博士、小児科、外科医
バーニー・S・シーゲル博士 http://www.berniesiegelmd.com/

ヒーリング、インスピレーション、そしてスピリチュアルな充足を求めている人なら、コビアルカの音楽に変容のちからを見出すだろう。
春秋社刊「癒しのことば_よみがえる「祈り」の力(ヒーリング・ライブラリー)」 の著者
医師 ラリー・ドッシー http://www.dosseydossey.com/larry/default.html

癒しの音楽としてのヒーリングミュージックの第一人者として、 全世界から賞賛を受けてきたダニエル・コビアルカ氏が、 このたび日本で公演するにあたり当機関は、音楽療法学会の国際組織として後援をさせていただきます。 今日ミュージックセラピーは、精神科、予防医学の分野で多くの病院や機関と共に研究を重ね、医療の中で確固たる位置を築きつつあります。 アメリカの音楽療法界で権威的な地位を確立しているコビアルカ氏は、 このたびの来日を通じて、日本の音楽療法の分野にも大きなメッセージを残してくれることでしょう。
国際音楽療法学会 理事長
テオドール・カニッツァー博士

ゴーイングホームは、私のワークショップの参加者がインナーチャイルドにコンタクトするのを助ける単一の最も強力な手段だ。私はコビアルカと彼の音楽に感謝する。」
心理療法家、インナーチャイルドヒーリングの権威
ジョン・ブラッドショー http://johnbradshaw.com/

ダニエル・コビアルカの奏でるピノキオ

Category : ダニエル・コビアルカ Profile ダニエルStory 1 - インナーチャイルドを癒す

Sort by - おすすめ順 - 価格順 - 新着順

Fit Search | 商品検索

Cart | カート確認

送料について 支払い方法について
電話での注文方法 FAXでの注文はこちら メールお問い合わせ