MARTH 命のなまえ・命のおくりものシリーズ

哀しく せつなく こよなく美しい 命のおくりもの
こころの底からこみあげてくる 愛しさとやすらぎの日々 そして想い出…

愛しき命との別れ そしてその哀しみやいたみせつなさや愛 を綴ったアルバムです。
愛しき命が大いなる意識の源へかえってゆくとき
私も本当は 今この瞬間もその大いなる意識そのものだと気づかされます。
しかし普段から自分に慣れ親しんでいる私たちは
愛する人とほんとうはけっして離れることのないひとつのものであること
いついかなる時もけっしては離れることはないのだということを ついつい忘れてしまいます。
もしそれに気づいたとしたら あの美しい あの愛しい人との楽しい暮らしは
まるで夢のように 美しいドラマのように 私の中を吹きぬけてゆくことでしょう

Marth

■ "命のなまえ"から"Gift of Life 命のおくりもの" へ…制作Storyはこちら

Category : 終末期医療に 音楽療法 こころやすらぐ音楽のすすめ

型番 COMS-1003
商品名 命のおくりもの 13枚CDセット
定価 39,500円(税込)  ¥ 500 OFF
セット販売価格 39,000円(税込)
購入数


命のおくりもの 胸深くゆさぶる感動のメロディー集

上質で穏やかなサウンド クリニックのソフトなムードづくりに。オーケストラ、ピアノ、ハープ、ギター、シンセサイザーそれぞれの楽器で奏でられる「命のおくりもの」シリーズの12枚に、 「あらたなる世界」のCD1枚をセットにした13枚をオリジナルBOXにセットしました。 この楽曲をレコーディングしていた2011年3月11日に東日本大震災が起こりました。かけがえのない、愛しき命の別れを綴っていた本作品は、震災時ラジオなどでも流され哀しみを共にした音楽として多くのリスナーの共感を得た音楽です。 ギフトオブライフ 制作ストーリーはこちらから

商品ポイント
●穏やかなテンポ 落ち着きのある上品な空間を演出
●すべてMARTHのオリジナル楽曲
●命のおくりものをテーマに作られた6曲を多彩な音色で奏で、各アルバムに収録しました。

哀しく せつなく こよなく美しい 命のおくりもの
こころの底からこみあげてくる 愛しさとやすらぎの日々 そして想い出…

愛しき命との別れ そしてその哀しみやいたみせつなさや愛 を綴ったアルバムです。
愛しき命が大いなる意識の源へかえってゆくとき私も本当は 今この瞬間もその大いなる意識そのものだと気づかされます。 しかし普段から自分に慣れ親しんでいる私たちは 愛する人とほんとうはけっして離れることのないひとつのものであること いついかなる時もけっしては離れることはないのだということを ついつい忘れてしまいます。 もしそれに気づいたとしたら あの美しい あの愛しい人との楽しい暮らしは まるで夢のように 美しいドラマのように 私の中を吹きぬけてゆくことでしょう
Marth


お客様からのお声をご紹介

大切なものが、つまっていて
とても悲しく映る曲ばかりですが、その中に、とても大切なものが、つまっていて それに出会えるような美しい音楽です


涙がとめどなく あふれ…
かけがえのない大切な人を失った悲しさよりも、死を越えて 今でも 生き続けている そんな、愛しさが伝わり、涙がとめどなく あふれ子供のようにしゃくり泣き続けました


山のきれいな田舎町でラジオ局のDJをしています。
日本から突然かかってきた電話から、とても美しいメロディが流れてきました。 日本には友人も多く、このたびの地震に本当に驚き、心配しました。 大切な人を亡くした世界中の人々を癒したいと、私の番組でも「命のなまえ」を流しています。 山や空…自然の風景が人のこころを癒すように、音楽もこころを癒す大きな役目がありますね。 シェラネバダの山の風景に重ねて、MARTH の音楽を聞いてみたいと思います。
47才 女性 アメリカ FM局DJ                  



妻にそして新しい命へ…
新しい家族…娘が生まれました。妻にそして新しい命へ…
大切なものを贈りたいと感じていたときにかかりつけの相談薬局にてこのCDに出逢いました。
ともにいられるだけでなにもいらない…そんな気持ちに気づかされました。
37歳 会社員
                               

スタッフからのおすすめコメント

大切な人や自然界への想い…をテーマとした作品集です。
ゆっくりとふりかえりたいひとときのBGMに、愛しい人や自分自身へのギフトに…

▲ページトップへ戻る

Fit Search | 商品検索

Cart | カート確認

MARTH Message Magazine こちらからご覧いただけます

送料について 支払い方法について
電話での注文方法 FAXでの注文はこちら メールお問い合わせ